スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包丁砥ぎましたよ~

砥ぎ依頼の包丁が届いたので早速砥いでみました


ビフォー
DSC_7679_convert_20110429013544.jpg


アフター
DSC_7680_convert_20110429013558.jpg

↑磨いて一皮むきました




ビフォー
DSC_7677_convert_20110429013641.jpg


アフター
DSC_7681_convert_20110429013651.jpg
↑アゴから3㎝位上の部分がボヨンとラインが膨らんでいたので少しまっすぐなるように砥いでみました





ビフォー
DSC_7678_convert_20110429013746.jpg


アフター
DSC_7683_convert_20110429013758.jpg
↑切っ先を少し上にあげました




24㎝の本職用の洋包丁(両刃)
鋼材はSK鋼だと思うのですがスゴク切れます
いい包丁です

刃の方は問題ないのですが柄の方の錆が気になります(このまま行くと柄が先に死にます)
使い終わった後は柄の部分までキレイに水分をふき取るようにすると良いと思います


ナニワの赤門前(1000番)で形を作って
黒幕2000番→嵐山(6000番)で仕上げました
いい感じの刃が付きました


月に1回位で持ってきて頂ければ砥ぎますのでどうぞ
スポンサーサイト

和包丁

普段は洋包丁を使うのですが
魚を捌くときとか
刺身を引くときに和包丁を使っています

↓木屋 義久 165mm
出刃_convert_20091129105654

井筒屋の商品券で購入。たぶん白三鋼ですね。
まあまあ切れます。
鯛の骨で何度か刃こぼれしましたがゴスゴス砥いで使っています。
砥ぎやすい包丁です。嵐山(#6000)で仕上げています。





↓酔心 青二鋼 柳刃 270mm
青2_convert_20091129105627

堺の酔心(ここの包丁屋さんはオーダーメードでも作ることが出来て加治屋さんや砥ぎ屋さんも指定できます)で購入。
1990年代に打たれた包丁で良く締まっています。裏も綺麗に砥石にあたります
青二鋼らしく天然戸前で仕上げると甘切れします。








↓酔心 白二鋼 薄刃 195mm
白1_convert_20091129105540

ベタ砥ぎすると信じられないくらい鋭くきれます。ビックリするくらい切れます。
しかし、シンクに当てたりするとすぐに刃こぼれします。
妻が使った後はよく刃こぼれしていますね。(要注意)
今は少し段刃気味にして使っていますが抜群の切れ味です。
刃こぼれを何度も修正しており、シノギが少しキタナイ感じになってきたので
今度時間があるときに綺麗に砥ぎ上げようとと思います(たぶん半日はかかります・・・)
その際は少しハマグリ型に砥いで刃こぼれしにくくしようかなと思っています。




グレステンMタイプ 一体型ホームナイフ 17cm三徳型 816TMM パート?

今日友人のKが家族連れで我が家にきました

ノートパソコンと包丁と観葉植物を持ってきました

↓頂いた観葉植物
DSC_5634_convert_20091128235341.jpg



しばらくコーヒーを飲みながら話したあと
Kの杉本の洋包丁と出刃(青二鋼、堺産)を研砥ぎました
杉本の包丁は天然の戸前で仕上げてビカビカのバシバシにしました。
産毛も剃れるくらい鋭く仕上げました



夕方にKが帰り、ヒマになったので我が家のミソノとグレスデンもついでに砥ぎました

↓妻から家の中で砥ぐ許可をもらえなかったので玄関ドア前のポーチで砥ぎました
 薄暗かったので電気をつけて砥いだのですが近所の人から見たらかなり怪しいです
DSC_5630_convert_20091128235319.jpg

↓また、刃を少しのばしていい感じになってきました。
 ただ、やはりミソノの鋼の方が鋭いですね
DSC_5636_convert_20091128235358.jpg






DSC_5625_convert_20091128235237.jpg

グレステンMタイプ 一体型ホームナイフ 17cm三徳型 816TMM パート?

昨日、ちょっと妻の実家によったので
妻の実家の
グレステンMタイプ  816TMM

砥いでみました(なぜか妻の実家にもウチと同じグレステンが・・・)


新品時より少し鋭角にして、ハマグリを低くしています
ぐれ1_convert_20090911062032


ぐれ2_convert_20090911062050



ぐれ3_convert_20090911062118



裏(洋包丁の場合、裏とは言わないか・・)は軽く仕上げ砥石を当てるのみにしています
ぐれ4_convert_20090911062144


軽く爪にかかるくらいで、割といい感じになりました


ミソノ スウェーデン鋼 牛刀210mm

みその_convert_20090825085603

ミソノ スウェーデン鋼 牛刀210mmです
私が料理をするとき主に使う包丁です
妻はグレステン使ってます

京都の調理器具屋さんで買いました(ネットで)

ステンレスではないので油断すると錆びます
特に使い始め2?3か月は錆びがよく出ました

数年たって現在は表面が落ち着き、磨かなくても錆びはほとんど出なくなりました
使った後に放置しておけば錆びるでしょうけど・・・

砥ぎは、北山やG1で仕上げると爪の上でやや滑り気味になりますがよく切れます
嵐山だと北山よりも噛みますが、それでも若干滑る感じです

友人が杉本最上210mmを持っているのですが
杉本最上Aとミソノ スウェーデン鋼を比較すると
北山やG1で砥ぐとミソノはやや滑りますが杉本は噛みます

ミソノが青鋼チック
杉本が白鋼チック


というと分かりやすいでしょうか?

それから包丁自体はミソノのほうが厚みが薄いです

あと杉本の方が新品時の砥ぎは片刃チックで9:1位で砥いであります
表のシノギが1センチ位初めからついてます
平たく言えば

ミソノの方は洋包丁らしい包丁
杉本は和テイストの洋包丁

という感じですね


実は杉本の方が好みだったりします(爆)
次は杉本にしようと思っとります
みそのあっぷ_convert_20090825085612


「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。