スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋内配線とオーディオ

中学生の頃、バイトでしていた新聞配達の営業所のオイチャンに一人オーディオマニアがいました
そのオイチャンが屋内配線について熱く語ったことがありました

家の電気配線には100Vが2つ入っていてオーディオ再生中に家の反対側で掃除機などの家電のスイッチを入れたり切ったりするとオーディオに入ってくる電圧が変わってよくないというようなことを言っていたとおもいます

中学生の頃は良く理解できませんでしたが、とても熱く語っていたので今でも覚えています


広島にサウンドデンという知る人ぞ知るオーディオショップがあります
5?6年前にそこの社長のコラムに「電源の重要性」として新聞配達のオイチャンが言っていたのと同じようなことが書かれてあるのを見つけました

「よく観察して欲しいのだが、分電盤には赤・白・黒の3本の線が入ってきているのに各部屋への配線は白・黒の2本の線しか行っていない。
何故だろうか?
 
その理屈は簡単だ!一般家庭には100Vが2つ直列になって入ってきているのだ。つまり両端に配線すれば200Vであり、中点とどちらか一方と配線すれば100Vとなる訳だが、ここにオーディオ機器にとって大きな問題点が潜んでいる事を知らない人は意外に多い。
 
例えば、一方の100Vに大電力家電機器が繋がり、もう一方にオーディオ機器が繋がっていたとする。
大電力の家電製品による電圧変動は、反対側のオーディオ機器にも必ず比例して現れるのだ」

サウンドデンの社長と同じことを言っていたのか!!
あの新聞配達のオイチャンはやっぱりただものではなかったんだと思いました


コラムではさらに続けて
「では電圧変動を防ぐにはどうすれば良いのか?
答えは簡単である!2つの100Vが同じ負荷であれば、お互いに影響して変動する事は無くなるのだ。しかし、その様な事はまず有り得ない。
 
私は今までに一石三鳥の方法を提唱してきた。
それが、200Vからトランスを介して100Vに変換する方法なのだ。」

と言っています


これを見たとき「自分で家を建てるときはこれをやろう!」と思っていました。
でも、すっかり忘れていていました
忘れるのらずっと永遠に忘れていればいいのに
なんと
屋内配線の最終打ち合わせ(気密検査の日)の数日前に思い出してしまいました(爆)

そして、ネットでオーディオグレードのトランスを探したのですが・・・

やっぱり高い!

普通に100万とか、一番安いので50万とか・・・

私のような貧乏人がおいそれとは手を出せる代物ではないかんじです。




やめました・・・



でも

このままで終わるのも嫌なので
せめて配線だけでもいいものをと思い
3か所だけ壁コンセントとケーブルを変えてもらうことにしました
そして分電盤から直接配線してもらうことにしました

コンセントは松下のWN1318という医療用のものを

ケーブルはフジクラのCV-S 3.5×3芯
にしてもらうことにしました

ケーブル50Mとコンセント3つで合わせて35000円程でした




ちなみに
ここまでしといてオーディオ機器は?
となるのですが我が家にはまともに聞けるオーディオ機器はありません
アパート住まいで置くとこないし今まではヘッドホンとかで音楽きいたりしてました(笑)

家が出来てゆっくりしたらオーディオ機器についても考えようと思います

今のところ考えているのは

(スピーカー)
父親から貰ったカー用のMBクォートのスピーカー(この前買ったコペンのドアにスピーカーがデカすぎてつかなかった)をバスレフの箱を自作して入れる

(CDプレーヤー)
CEC CD3800 あたりのプレーヤーを買う

(アンプ)
金田式DCアンプを自作する
(数年前から作ろうと思って金田氏の本も買ったがまだ作っていない)


という感じでいこうと思います

あと、パソコンで音楽聞く時ようにヘッドホンアンプも作ろうと思います

間違いなく年明けてからになろうとは思いますが・・・
スポンサーサイト
「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。