スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下エアコンと換気

私の家は床下エアコンを使用すると同時に第3種換気を採用しています

第3種換気の排気はトイレやお風呂、それからシューズクロークとパントリーとウォークインクローゼット、それから2階の吹き抜け部の天井に計7か所あります(床下の排気口2か所はビニールをかぶせてつぶしている)

給気パッコンは各居室とダイニングとリビングにあります


一般的に第3種換気の2階建てに床下エアコンを設置した場合に起きる問題だと思うのですが外が寒くなると1階の温熱環境は保てても2階の居室が寒くなります。

2階の各居室は吹き抜けから(あるいは他の1階からの温熱の対流のある場所から)の対流で室内に温熱をとりこみますが部屋がしっかり仕切られていて扉も閉まっていると温熱の取り込みが十分にうけられずパッコンからの外気により室温が下がります

我が家は2階の間仕切りが少なく非常にオープンな間取りなので比較的問題は少ないのですが2階の寝室の扉を閉めていると室温がやや下がるのを感じます


第3種換気ですが
通常はどのシーズンも同じ用に換気をします

換気のことだけを考えるとその方が良いのでしょうが
温熱環境的には全く良くありません

特に冬季はそうだと思います


パッシブ換気というのがあります
簡単に言うと床下暖房で床下吸気
そして屋根の煙突状の排気口から自然の対流で排気するというものです
↓(パッシブ換気について)
http://www.hri.pref.hokkaido.jp/pdf/passive_manual.pdf

このパッシブ換気の考えを3種換気にも取り入れたら面白いんじゃないかなと思っています


1.夏秋春は通常の状態で3種換気を使う

2.冬は下記の状態に切り替える

 1)2階のパッコンを全部塞ぐ
 2)床下の排気ダクトを塞ぐ
 3)小屋裏最上部に排気ダクトを設ける(冬季以外は塞ぐ)
 4)2階各部屋から小屋裏への開口をつくる
 5)排気口の流量の調整
  ?小屋裏からの排気を全体の1/2位にする
  ?風呂とトイレの排気流量を確保し他のところはなるべく絞る

※簡単に言うと冬季は1階吸気の小屋裏排気、風呂とトイレの排気流量は確保ということですね


床下エアコン+3種換気の場合上記のようにすれば格段に2階の温熱環境は良くなると思います
問題は2階の換気量がこれで問題ないかどうかですが、まあ大丈夫じゃないでしょうか(笑)
スポンサーサイト

冬至を迎えて

冬至を迎えて

少し暖かくなってきました


先週末は寒くて
雪が数センチ積もったりもしました

最低気温が0度前後
最高気温も4度から8度

そんな日が数日続き床下エアコンも大忙しな感じでした


温度設定は23度固定
風量は4/5?5/5で運転

さすがに室温はなかなか23度に到達せず
朝方はなんとか20度を維持しているという状態でした

床下の温度はリビング下でMAX38度をこえました (最高記録!)
この時一番温度が低い(床下で)トイレ下も約30度でした。

ちなみに先週末のエアコンの消費電力は
1日あたり40KWh程になりました
1日のエアコンの電気代が700円位ということになりますね

今日は少し暖かかったのでなんとか24KWhにおさまりそうです(^▽^;)




今度、少し床下エアコンの効率アップのために
床下エアコンの真下のスラブとエアコンの近くの立ち上がりコンクリートに
10mm厚のスタイロ(板状の断熱材)を張ってやろうかと思っています

局所的に温度が高い部分が出来ると熱損失が大きくなるので
とくに高出力運転時に効くと思っています。


夜の温度

DSC_5490_convert_20091113032614.jpg



11月13日(金)
午前3時

エアコン設定:設定温度24度、風量自動で24時間運転

エアコン読み→外気温14度、室温26度

各温湿度

1Fリビング:23.5度、57% (エンペックス スーパーEX)
  2F廊下:23.4度、57%(エンペックス スーパーEX)

小屋裏中心部:21.8度、59%

床下
リビング下  :29.3度、41%
和室下    :26.1度、51%
1Fトイレ下  :26.1度、52%
DK南側床下 :27.6度、44%



夜間は小屋裏が少し冷えるようですね
室温に比べて1.5度程度低いです

昼間は日射があり室温とほぼ同じ温度になりますが
夜は屋根から外気の温度が伝わって温度が下がるものと思われます
あと熱源から遠いし・・・


拙宅の場合、構造上、床下→壁内部→小屋裏という経路で暖気が上がっていくということがかなり少ない量しかないものと思われます。

例えばソーラーサーキットの家で床下エアコンを設置した場合、壁内部の通気層(インナーサーキット)を通って小屋裏温度が室温よりも高くなると言うことを聞きます

必要以上に小屋裏が熱くなるよりは拙宅の温度分布の方が良好なのかなと思ったりもしますが・・・




現在、拙宅のエアコンは常時省エネモードで運転しており4.0kwの能力の一部しか使っていません

先日、20分ほどフルパワー運転をしてみたのですがリビング下が34度以上になり一番寒いトイレ下も29度以上になりました

これが何を意味するかと言うと床下から室内への熱の移動は非常にゆっくりとしか移動していないということです

真冬に向かって外気温が下がってきたときに小屋裏温度が下がりすぎないか心配です






床下に兵隊を送り込んでみた

さっそく床下に兵隊を送り込んで温度を測ってみました

一人は小屋裏に送り込み見張りをさせることに


↓をクリックしてください
DSC_5487_convert_20091111112134.jpg
▲のとこが温湿度計設置場所、↑がサーキュレータです


結果
11/11
天気雨 
10時30分  
エアコン:ダイキンのSシリーズAN40KSP-W
エアコン設定:設定温度24度、風量自動で24時間運転(引越してからはずっと運転しています)
エアコン消費電力:3?5kwh/日(エアコン読み)電気代にして50?70円位? 
エアコン読み温度:外気14度、室温26度

各温湿度

1Fリビング:24.7度、61.2% (エンペックス スーパーEX)
  2F廊下:24.6度、55.8%(エンペックス スーパーEX)

小屋裏中心部:23.7度、59%

床下
リビング下  :29.4度、45%
和室下    :26.5度、56%
1Fトイレ下  :26.4度、58%
DK南側床下 :27.4度、52%
玄関上がったとこの下:28.3度、49%



一応、一番床下でエアコンから遠い和室とトイレ下が室温に比べ2度程度温度が高く十分かなと思っています。
サーキュレーターは掃き出し窓に囲まれて室内で一番冷輻射を感じるDK南と入口の開閉で温度が下がりやすい玄関に向けて設置しました
サーキュレータは使用しなくても床下全体を26度以上で安定させることは出来ると思います

ちなみにサーキュレーター2台弱運転で1日1.2kWh程(30円弱)位電気を使います
そう考えるとエアコン省エネだなと感じますね


11月初めの寒さとはうってかわり
ここ4?5日は暖かい日が続きました
昼間はほとんどエアコンは待機状態ですが室温が28度以上になる日もありました(笑)

床下エアコンを試運転してみた

床下エアコンの家も屋内の工事はほぼ終了し
あと残っているのは外構工事ぐらいとなりました

現場に行くと昨日家の中もお掃除して頂いて養生もとれており
もう住める状態になっていました(笑)

電気工事、エアコンの設置も終わっていました



ちょっとエアコンを試運転してみました


↓リビングのガラリのところからエアコンの方を見たところ
DSC_5413_convert_20091018233447.jpg



↓床下から床下エアコンの吹き出し口を見たところ
DSC_5380_convert_20091018233348.jpg
エアコンの設置場所は目いっぱい下になるようにお願いしました
吹き出し口の周囲は床下に効率よく送風出来るようにF1のディフューザーのような形状にしてもらいました
尚、ランプがついているあたりがリモコンの受光部です




↓板の下に受光部がくるため心配していたのですが、写真の位置でエアコン操作可能でした
DSC_5383_convert_20091018233410.jpg



↓床下の電灯
DSC_5369_convert_20091018235613.jpg


↓サーキュレーター用コンセント
DSC_5377_convert_20091018235650.jpg


↓ガラリ下からエアコンの方を見たとこ
DSC_5370_convert_20091018235616.jpg



↓ガラリ設置場所を床下から
DSC_5373_convert_20091018233338.jpg

ガラリのために床に大きな穴を開けましたがしっかりと束で補強されています



↓ガラリと交換できるフタを作ってもらいました
DSC_5397_convert_20091018233422.jpg










エアコンの風を強にするとガラリから結構温風が上がってきておりました
風量の強い機種を選んだのとディフューザーが効いているのかなと思いました
これだけ上がってくるなら2つあるガラリの1つはフローリングのフタにしてもいいかなと思いました
ちなみにエアコンからガラリまでは約5m程です

エアコンの風量とかサーキュレーターの位置とか住みだしてからイロイロとやってみようかと思っています


とりあえずリモコンが使えたのと
床下にしっかり送風出来ていたので一安心
「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。