スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューン系2モーターとタイヤ径について

H27年7月4日にタミヤからチューン系2モーターが発売されました
とりあえず片軸モータについて慣らし後の無負荷回転数を調べてみました
平均値として、旧アトミ 21800、トルク2 22500、アトミ2 23000、レブ2 260000位な感じでした

マブチモーターのHPに出ているグラフをみると出力MAXは無負荷回転数の1/2位の回転数。効率MAXは2/3位の回転数となってます(目分量)
水素の場合は出力MAXに近いところをなるべく使うように、アルカリの場合は出力MAXから効率MAXの回転数域をバランスよく使うのが良いのかなと思います
実際の走行中の速度域は超大径のフラットでは秒速5~9の域でレイアウトによって変わってきます。それに合わせてタイヤ径をということになると思いますが、新モーターが出た現在も実際のところフラットではほとんどの場合35mmギリギリ(34.0mm以上)が速度的には有利ということになりそうです。
超テクニカルのアルカリでは少しタイヤ径を小さくするのもアリかもです

タイヤ径と回転数

磁力については手持ちの測定器で測ったところ(単位は不明)
旧アトミ&トルク 70~95
アトミ2&トルク2 115~130

上記のようにトルクもアトミも磁力はアップしていました

巻き線は以下のような使用となっていました。
旧アトミ 0.3×46T
アトミ2 0.3×43T
トルク2 0.32×45T


スポンサーサイト
「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。