スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓の気密

先日、窓の断熱性能について書いたのですが今日は気密について書きたいと思います。

拙宅には、横スベリ窓・縦スベリ窓・FIX窓・引き違い窓・テラスドアの5種類の窓があります。

気密が問題になるのは引き違い窓です。横スベリや縦すべりは4辺がしっかりパッキンを押しつぶすように密着させて閉まるので非常に気密が高いそうです。引き違い窓は気密が下がる要素が多く特に上下のレールの部分の気密の確保が難しいと言われています。拙宅のシャンノンエクセル製の引き違い窓は高気密に作られています(そのせいか開けるのが多少重い)。それでも多少は抜けている(極僅かでしょうが)と思われます。中間気密検査の時に圧をかけて抜け具合を確認しました。
興味のある方は3分40秒ぐらいのとこを見て下さい→(クリック)

日本では引き違い窓が多いのですが欧米では非常に珍しいそうです。
拙宅では引き違い窓は5ヶ所でそれ以外は横スベリ窓・縦スベリ窓・FIX窓です。
2か月住んでみて掃き出しの窓以外は別に引き違いの必要性をあまり感じません。
本当に必要なところ以外は引き違い窓をやめて、例えばFIXと横スベリや縦すべりの組み合わせを使う等すれば多少気密が上がるのではと思いました。
全部引き違い窓の家と引き違いが全くない家では同じように施行しても気密の差はそれなりにあるだろうなと思います。

スポンサーサイト

コメント

Secret

「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。