スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の3種換気システムについて

拙宅の換気システムははダクト式の3種換気システムです
住宅メーカー標準のガデリウス社のスウェフローというやつです

ダクト式の3種換気はダクト式でない物(トイレや浴室等の壁にパイプファンを取り付けたもの)に比べて安定した静圧を得られる利点があります
大型のシロッコファンを使用し安定した静圧を得て、それをダクトで分配して空気を排気します
換気量が安定し計画換気を設計通りに行うことが出来ます


住んで半年。
冬の寒い時期は熱交換型の1種換気に憧れましたが
4月、5月と暖かくなってくると
3種換気のがいいジャン!
って感じに思っています

1年トータルで見ると、真夏と真冬は1種の方が快適だけど、それ以外は3種のが快適なんじゃないかと思います
?地区では特にそうだと思います

まして九州ではダクト式の3種が最も快適にすごせると思います



ダクト式3種換気について

ダクト式3種換気システムを選ぶ基準は・・・

1.モーターの性能
 ・流量
 ・直流or交流

2.給気レジスタの性能
 ・フィルタの性能、価格
 ・調整のしやすさ

ざっくり言うと
この2つです

ガデリウスのスウェフローは消費電力と騒音以外は◎なのですが・・・
消費電力と騒音は○もしくは△位です
消費電力は交流モーターを使用しているためにやや高いです(それでも電気代で月数百円レベルですが)
音は交流モーターを使用している中では静かですが夜中は敏感な人は音が分かります

てことで
スウェフローはDCモーターにすると最強になります
消費電力も少なく、音も静か!

ネットで探してみたら日本住環境ってとこの「ルフロ」って奴がDCモーターで良さそうです
価格もスウェフローよりも安いみたいですね・・・(今更ですが・・・)


↓給気レジスタ
DSC_ 6005convert_20100517011321


↓カバーをとったとこ
DSC6008_convert_20100519001927.jpg


↓高性能なフリマーフィルターを引き出したとこ
DSC_6012_convert_20100519001948.jpg

フリマーフィルターは、2次
元フィルタのように、目詰まり
を応用するのではなく、縦方向
に帯電させた繊維をセットし、
空気を通過させて磁力でゴミ
や煤じんを捕集するシステム
です。空気の流れをふさがず
長期間に渡って、フィルターを
使用することが可能です。

ということらしく頼もしいフィルタです。
静電気で集塵していて容量が大きく、そう簡単に目詰まりはしなさそうですね
筒ごとぱこっと取り出して交換します
花粉等の微粒子も除去されるみたいで鼻炎の私にはありがたい限りです

拙宅のキッチンのレンジフードの同時給排の給気口にはフィルタがついておりません
ココにもフィルタをつけるべきだと思います
レンジフードの流量は非常に多くやはりここにもフィルタをつけないと意味がないように思います
虫とか花粉とか相当入ってくるとおもいます
同時給排がむりなら手動で1つパッコンをつくってレンジフードを使うときで手動であけても委員ではと思いました





DSC_6013_convert_20100519002021.jpg

スポンサーサイト

コメント

Secret

「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。