スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎断熱を採用しているHMで床下エアコンを導入する場合

私は基礎断熱を採用しているHMで床下エアコンを導入しました

床下エアコンは基礎断熱であれば導入可能です
床下暖房はけっこう初期投資が高くなるものですが床下エアコンであればエアコン設置費+αで可能です
ただ、エアコンの設置位置など十分考えておかないと思い通りの効果が得られない場合もあると思います
注意点についてちょっとまとめてみたいと思います

1.床下空間の通気性
 ようするに中基礎(立ち上がり)を極力すくなくして開放的な空間にして床下にエアコンからの送風がまわりやすくするということです。
床下暖房を行っている工務店の床下をみると、ものすごく基礎の立ち上がりが少ないです。空気回りまくりな感じです。床の強度を重視すれば立ち上がりを大きくした方がいいのでしょうが、従来は空気の流れ等は余り考えずに設計されてきたものなので、まあ、ちょっと考えれば空気が流れるように設計できるのではないかと思います。床下の通気性ということを考えるとツーバイフォーよりも在来軸組みの住宅の方が基礎の立ち上がりを減らしやすいので有利だと思います。
思い切って短い中基礎と束を使用して超開放的にすると理想的です。

2.床下の高さ

これは、ある程度低い方が温風がまわりやすいので良いと思っています
50?程度で良いのではないでしょうか
これ以上低いと床下への侵入が困難になるので・・・

3.エアコン設置位置

エアコンからの送風が床下全体に回りやすい位置に設置するのが良いと思います
取り付け位置は可能な限り低くするのがいいと思います
吸気は床上の空気を吸うようにした方が良いと思います
床上の空気を吸って、床下に温風をぶち込む感じがいいですね

4.エアコンのセンサー
 エアコンのセンサーは室温を読むようにした方が制御が簡単です


5.床面の開口面積
 パッシブ換気システム設計・施工マニュアルによると延べ床40坪程度で(パッシブ換気の場合ですが)
 床面開口面積1500㎠、壁内2000㎠(1階天井懐に搬送するルート)となっています
 拙宅の床面有効開口は2880㎠、壁内はユニットバス周囲の空隙のみです
 床上から吸気する床下エアコンの場合床下へのリターンは考える必要はありません

拙宅の場合、エアコンからの送風を強くするとガラリから温風が結構上がってくるため、実質2880㎠よりも大きな仕事をしているものと思われます
拙宅と同程度あれば、まずまず勝負できるかなと思います


6.床下断熱の強化

エアコンの温風が直接あたる部分(エアコンの真下のスラブ面やエアコンの対面の立ち上がり部分)に基礎内側から断熱材を貼ると良いと思います。うちもいつかやります




7.床下のサーキュレータ

サーキュレータも電気を使うので、あまりサーキュレーターには頼りたくないところですね
エアコンンの送風だけでまわるように設計するのが良いと思います



参考文献:パッシブ換気システム設計・施工マニュアル http://www.hri.pref.hokkaido.jp/pdf/passive_manual.pdf


尚、拙宅と同じような小屋裏エアコンを設置する場合はリターン分をよく考える必要があります
スポンサーサイト

コメント

Secret

「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。