スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道水の硬度について

水の硬度とは、水の中に含まれるミネラル類のうちカルシウムとマグネシウムの合計含有量の指標です。
この硬度により水の性格がある程度決まります
「軟水」とか「硬水」とか言います

世界保健機関 (WHO) の基準では以下の通りです。

軟水
0 - 60未満

中程度の軟水(中硬水)
60 - 120未満

硬水
120 - 180未満

非常な硬水
180以上


ヨーロッパの水はほとんどが硬水であり、一方日本の水は軟水が多いとされています
日本の水道水の平均硬度は50.9です(ソフトウォータークラブ http://softwater.jp/what/index.html

ところが
浄水場によってこの硬度はバラバラで同じ県内でも硬度は全然違います
日本のなかでもヨーロッパ級の硬水の水道水がけっこうあるんです

拙宅のある福岡県の硬度ランキングを見ても浄水場によってかなり硬度が違うことが分かります
http://softwater.jp/what/000101.html


妻の実家では有安浄水場の水を数十年使っているのですが「この辺の水はキタナイ」というのは良く聞いていたのですが「硬い」とか「硬水」とかいうのは一度も聞いたことはありません。明らかに石鹸の泡立ちとか悪いはずですし、ずっと使っているから普通になっているのでしょうね

福岡県の硬度No1の志摩中浄水場では年平均硬度が218で、最高高度の月は硬度が298もあります。
同じ県内にこんな硬度の高い地域があったなんてこのランキングを見るまで知りませんでした

ちなみに拙宅は飯塚市の鯰田浄水場から給水されており年平均硬度102、最高月で135となっておりWHOの分類ではなんとか中程度の軟水に入ります。まあ、そんなもんかと思いながらランキングを見てみると4位に有安浄水場が堂々ランクイン! 年平均173、最高月216
実は拙宅の地域は平成16年までは有安浄水場から給水されており福岡県4位のバリバリの硬水が給水されておりました。
もし、鯰田浄水場に切り替わっていなかったら軟水器の再生を週2回(現在は1回)位しないといけなかっただろうと思います。

鯰田浄水場でよかった・・・
な感じです


妻の実家では数十年、有安浄水場の水を使用していました
水が汚いというのは良く聞いていたのですが「硬い」とか「硬水」っていうのは聞いたことがありません
石鹸の泡立ちが悪かったり、ポットやヤカンに白いスケールがいっぱいついたりしているはずなんですが、長年使っているとそれが普通と思っているのでしょう

自分の家の水の硬度を知っておくとイロイロと参考になることも多いと思いますので調べておくと良いと思います

http://softwater.jp/what/index.html#000052entry
スポンサーサイト

コメント

Secret

「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。