スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄水器をつける前にすること

水道水に対する不安
おいしい水を求めて・・・

最近では浄水器を使用する人が非常に多いと思います
私もポット型の物を使用しています。
浄水器を使用するのは一つの良い方法だと思います

しかしながら、良く考えてみると浄水器をつける前にすることがあるのではないかと私は思うわけです(うん)
それは、水源をよりキレイにする努力をするということです。

水質汚染の原因としてまずあげられるのは、やはり私たちの生活排水です。有機物や窒素、リンなどを含む生活排水はとにかく量がすさまじく、ゆっくり根の深い影響を残すのが特徴で、いつの間にかひどいことになっている場合が多く注意が必要です。その中でも有名なのは使用済みの油や合成洗剤等の排水です。
自分が排水するものが少なからず自分の家の蛇口から出る水に影響することをもっと意識するべきだと思います。消費者は洗剤を購入するときに生分解性をもっと考慮すべきです。排水された洗剤は下水処理場で分解しきれず河川に流れ浄水場に取水され処理されますが処理しきれず水道の蛇口から微量ですが洗剤の成分が検出されることがあります。流した洗剤が蛇口から出てくるんです。洗剤を買うときは使いやすさや価格、自分の手の手あれだけではなく生分解性についてもっと考えてほしいと思います(食洗機用の洗剤は非常に生分解性がよい)


下水道の普及率について
日本の下水道普及率は70%程度で、これは先進国の中では低い数字となっています
ウィキペディアによると
下水道の整備は地方公共団体の財政事情や地形的特質に大きく影響されるため、地域格差が大きい。
例えば都道府県ごとの普及率が東京都や神奈川県で95%以上であるのに対し、和歌山県と徳島県は10%台である(平成19年度末時点、大まかに言って西日本は低く東日本は高い傾向にある)。また、市町村ごとに見ると人口規模が小さいほど普及率は低く、10万人以下で全国平均を下回る。

とあります
が、これはまだいいんです。
汚水処理人口普及率(平成19年度)が83.7%なんです
先進国である日本がこの数字はあり得ないです。とうぜん100%にすべきでしょう
汚水処理人口普及率が和歌山県が45%、徳島県は43%ていうのは一体??

下水道の普及率、汚水処理人口普及率が低いというこの現実はめんどくさい事は後回しにしてズルズルズルズルやってきた行政に責任があると思います。とりあえず汚水処理人口普及率を100%にすれば河川の汚染状況は相当変わると思うのですが・・・


浄水器をつける前にすること

・排水口に何かを流すときは良く考えて流す
・生分解性の高い洗剤を使う
・行政に下水道の普及率、汚水処理人口普及率を上げるように文句を言う






スポンサーサイト

コメント

Secret

「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。