スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ四駆の電池の充電の仕方について

今日も昼から子連れでホビー(某模型店の愛称)に行ってきました

ウチの息子と娘、弟夫婦と娘3人、妹夫婦と子ども2人の計12人がホビーに集合しました。
私のマシンは現在バラバラ状態なので今日は充電係に徹しました。(というかいつもだけど)


現在のミニ四駆は100m前後のコースのスプリントタイムを競うというスタイルが一般的です。
時間にして10秒から30秒・・・
ちなみにホビーのコースは速いマシンで15秒台前後、まあまあで17~20秒台と言う感じです

ニッケル水素やニッカド電池の放電特性は放電のごく初期に電圧の高い部分があって満タンから容量の5%程度放電したところで1.2Vちょい位に落ち着き電池がなくなる直前までその電圧をキープします。
放電の90%程度は1.2Vちょいなんです。

しかし、ミニ四駆ではスプリントタイムを競うので、とにかく初期電圧を高くすることが必要となります。30秒、せいぜい1分間でいいんですね。その後はどうでもいいんです。20~50mAhくらいですねせいぜい


追い充電上等な感じになっています
追い充電は2.0A以上で行うのが通常のようです。
ラジコン用の充電器で追い充電機でガッツリ充電して充電完了したらミニ四駆にすぐにセットしてコースにGOという感じです。
で、追い充電を同じ電池に対して何回も行っているというのも結構普通に行われています。

一部の人だけとかではなく大部分が上記の様な感じなので、これを目の当たりにした時に異様に感じました。

昔は充電するのに一晩かけて(12時間位)やっと電池が使える状態になってありがたく電池を使ったものです。急速充電器を持っている人なんか神でした。「電池は全部なくなってから充電しないといけないらしい」とか「急速充電すると電池の寿命が短くなるらしい」というような一通りの知識は小学生の時からありました。普段はゆっくり充電でレースの時だけ急速充電でした。

今、ホビーに来てミニ四駆をしている小学生とかは、私が小学生の頃持っていた充電に対する知識とかはないだろうしガンガン充電するのが普通だと思っていると思います。継ぎ足し充電、連続追い充電のオンパレードです。わかってやっているならいいんですが分かってない人もけっこういると思うんですよね。このやりかたは特殊なんだってわかっていればOKなんです。でもけっこう分かってないと思うんです。特に小中学生

ミニ四駆だけならまだいいんですが他のものに使う充電電池もそういう風に扱われると問題が・・・
ハイブリッド自動車や電気自動車等が増えてくることが予想されますし、携帯型の電気製品などで充電式の電池にふれる機会が益々増えてくるとおもわれますので、正しい電池の知識を持つことは大切だと思います。


さて
ミニ四駆が現在の様に追い充電上等な感じなのはスプリントタイムを競っているからです。もう少し距離を長くして10周のタイムを競うとかにすれば変わってくると思います。その場合問題点はラップタイマーです。タミヤのミニ四駆ラップタイマー は1周分のラップしか測れません。連続で測定できるようにすれば長距離のタイムアタックにも使えるのですが・・・
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

いつも楽しく拝見させてもらってますm(_ _)m
耐久大賛成ですね~5週から10週難しいでしょうが
1時間とか。スプリントとは違う楽しみがありそうです

むろんキーはバッテリーとモータと低フリクション
戦略も立てられるし・・・こっちの方が奥が深かそう。

Re: No title

おちゃんさん
こんばんは

耐久とか面白そうですね

まあ、普段は無理なので、せめて5周のタイムとかを競う感じにしたらと思います

ラップタイマーの改良が必要ですね
「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。