スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ四駆の電池の充電の仕方について2

ミニ四駆用にエネループライトを息子用と自分用とで数セットずつ揃えました

少し凝ってマッチドを作ってみようかとも考えましたが、とりあえずエネライトを使い倒してみてから気が向いたら簡易マッチド等作ってみようかなと考えております。

さて、エネライトの充電
どのようにするのが良いのか思案中ですが、全てをバシバシに追い充電するのではなくセッティング用とタイムアタック用とに分けて充電していこうと考えています。セッテイング用充電とタイムアタック充電はローテーションを組み、負荷を分散させようと思っています。

1.セッティング用

1.0A充電

走行

放電器を使用し単セル放電(1~2A)




2.タイムアタック用

1.5~2.0Aで充電

電池の温度が落ち着くまで休憩(15~30分)

2.5~3.5Aで追い充電(リピーク)

電池が熱いうちにタイムアタック

放電器を使用し単セル放電(1~2A)


※追い充電は1回のみ、継ぎ足し充電は一切しない


こんな感じで行こうかと思います
インターバルを十分に入れとリフレッシュ充電等も入れながら電池管理しようと思っています


充電を繰り返すうちに分かってくることもあるかと思うので、またレポートしたいと思います
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

たしか・・・
ニッカドは、使い切って充電。
水素系は、使い切って充電は不可だった記憶があります。
ある程度、暖かい環境での充電が共に必要で、充電中の発熱(高温)は、電池寿命を短くするため、コントロールしている人もいるみたいで・・・
福岡市内にアポロ電子という店があります。小型ラジコンの販売もしていますが、そこに行くと、そんな事をやっている方々が多いです。電池をクーリングしながら、電流管理して、一定以上になると一時停止させ・・・みたいな。
ジムカーナで、走行前にタイヤを温めておく。と一緒で、プラシーボ(プラセボ)効果かな?と。(爆)

容量の多い電池を探すなら、秋月電子サイトへ。
「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。