スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ四駆 ベアリングの脱脂とベアリングオイルについて

ラジコンカーの場合、ベアリングの脱脂は必ずしも必要ではないと考えていましたが
ミニ四駆の場合は必要だと思います

ミニ四駆に置いては全ての駆動&ローラーの抵抗に占めるベアリングの抵抗は思ったより大きいです。

ただし、指ではじいて30秒以上回るような状態にしなくても良いのではないかと考えています。
チャリチャリ回るよりある程度シトーと回る方が私は好みです。

脱脂には不純物が限りなく少ないであろう無水アルコールを使用しています。脱脂後の乾燥が早いのも無水アルコールを使用している狙いです
脱脂力は灯油やジッポオイルの方があると思います。

脱脂後はオイルを必ず塗布します
オイルを塗布する際の注意点はごく少量(ボールが軽く閉めるくらい)塗布するということです
このごく少量が難しく、23Gの注射針くらいの細い差し口を使用すると丁度良い感じで差せます

オイルについて言えば低粘度のものであれば何でも良いと思います。オイルの種類よりも大事なのは差す量です

DSC_7889_convert_20110705045528.jpg
↑左リッター780円のスピンドル油、右20ml500円のスクワットのオイル。はっきり言って大差ない
ミニ四駆のベアリングオイルは安いスピンドル油を極少量塗布すれば良いかなと・・・


DSC_7890_convert_20110705053020.jpg
↑メンテ中のベアリング達
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ベアリングは、基本消耗品的な考えで私的に使っています。
ZZ(密閉型)を定期的時間等で交換。NTN製を愛用しています。
もっぱら、綿菓子機などの軸です。

一番摩擦もなくていいのは、流体軸受でしょうけど。この規格で、商品はあるのかな?と。

No title

orikenさん
こんにちは

流体軸受けは重量が重くなるのと
やはりボールベアリングを脱脂しして使う方が駆動自体は軽いのではないかと思うとります

流体軸受けは静音性と耐久性は高いのだと思いますが回転が軽いのはまだまだボールベアリングなのではないかと

ターボ車のタービンの軸受けもフローティングメタルよりもボールベアリングの方が回りますし

No title

確かに、ゴミ等の関係もあるので、流体は・・・
ベアリングも、zzみたいに密閉もあれば、ゴムカバーもあって、洗浄可能品もありますから。
タービンは、熱も大きいので、ボールベアリングでオイルを回しながらが正解かも知れませんね。
「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。