スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏に向けて電池冷却器を作ってみた

夏に向けて電池冷却機を作ってみました

178809295_624v1369932380.jpg

↑今回はコレを使用しました。
 12V、5Aのペルチェ素子にヒートシンクと冷却プレートが付いているものを安く手に入れる事が出来ました


178809302_624v1369932392.jpg
↑発泡スチロールをくりぬき保冷用の箱を作る事にしました

178809310_624v1369932403.jpg
↑久しぶりに登場、日立のトリマー

178809318_624v1369932415.jpg
↑1~2分でこの通り

178809324_624v1369932426.jpg
↑発泡ウレタンで吹いてカッターで整えました。板状の断熱材を貼ったほうがよかったな。なんかキタナクナッタ

178809331_624v1369932437.jpg
↑スポンジゴムで高さ調整と気密確保

178809353_624v1369932466.jpg
↑単3電池6本が入ります

178809346_624v1369932456.jpg

↑出来上がり、かっこ悪w

178809362_624v1369932478.jpg
↑ファンは輪ゴムで固定、ヒートシンクのネジは3mm



冷却実験

パート1
6本一気に冷却
室温27度でほぼ室温の電池6本を庫内にいれ冷却(スイッチオン)
庫内もプレートも室温の状態から開始

(5分後)
冷却器を一時的のけて計測、冷却プレート-4.1℃、電池23度

(10分後) 
冷却器を一時的のけて計測、冷却プレート-12℃、電池18℃

(15分後)
冷却器を一時的のけて計測、冷却プレート-15℃、電池15℃

(30分後)
冷却器を一時的のけて計測、冷却プレート-17℃、電池8℃

(45分後)
冷却器を一時的のけて計測、冷却プレート-19℃、電池0℃



パート2
庫内が冷えた状態から27.2℃の電池2本を冷却

開始時プレート温度-19℃ 庫内底面温度2.3度

(15分後)
冷却器を一時的のけて計測、冷却プレート-17℃、電池8℃

(30分後)
冷却器を一時的のけて計測、冷却プレート-17℃、電池-0.4℃

(45分後)
冷却器を一時的のけて計測、冷却プレート-19℃、電池-5.4℃




感想

電池の本数や状況にもよりますが20~45分の冷却時間で十分実用的に使用することが出来ると思いました。
気温が30度以上のコンディションでも冷却時間を少し伸ばせば特に問題ないように思いました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。