スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下エアコンへの給気

私が理想としている床下エアコンへの給気は

1.床下以外の場所から空気を吸う
2.床下の温度の影響を受けにくいところから空気を持ってくる
3.吸気の抵抗をなるべく少なくしスムースに行ってほしい空気をエアコンまで行かせる
4.そして暖かい空気を(冬の場合)床下へ放り込む
5.暖かい空気はもうエアコンには帰ってくるな!床下の奥深くにいってしまえ!!

という感じです




計画でははコスト面の問題もあって150ミリのダクトを利用し室内空気をエアコンへ送り込むようにしていました

名称未設定+1_convert_20090716122525


しかしながら大工工事終了間際になって
150のダクトで大丈夫か
という不安がぬぐい切れず

なんと
計画変更


急遽今朝現場監督のYさんと大工のGさんと打ち合わせをしました


まずダクトは使用しないようにしました
コンセプトはシンプルにしかし大胆に(意味不明)


↓エアコン収納が出来る前の写真
階段横から_convert_20090905215904
奥に見えるのはユニットバスでその手前にエアコン設置収納が現在出来ています
写真を見ると分かるようにエアコン設置収納の上は天井懐につながっています
エアコン設置収納上部からは2階床下全体につながっています



DSC_4627_convert_20090923203535.jpg
すでに出来上がっているエアコン設置収納の天井部分を上から見たところです
まずこの収納の天井を全部ぶち抜いてもらうことにしました(Gさんごめんなさい)




↓エアコン設置収納の奥ユニットバスの天井上の空間
DSC_4629_convert_20090923203550.jpg


↓ユニットバスとエアコン設置収納の間の隙間、土台部分で約2?3センチ位、間柱の間は10センチ以上空いてます。奥(北の壁側)はもう少し空いてそうな・・・、今度這って行ってみます(笑)
DSC_4630_convert_20090923203603.jpg


ユニットバスと東側の壁との間
DSC_4633_convert_20090923203619.jpg

ユニットバスの周りにはこのように隙間があって床下→ユニットバス隙間→天井懐とつながっています
拙宅の場合このような隙間はユニットバスの周り以外はあまりありません


↓エアコン設置収納の上
DSC_4626_convert_20090923203525.jpg
あとここの部分にガラリをつけてもらうようにしました(我が家はガラリだらけ・・・)
間柱があるので3分割でつけてもらうようにしました
室内の空気を天井懐に送り込むことが狙いです



エアコン設置収納の中段
階段下収納2_convert_20090910164925
あと、この中段を15センチ奥に短く(なんてことを)するこにしました
ダクトを使わなくなったんで中途半端なところに穴をあけると物が落ちるのでそれなら短くしてしまえ!
ていうことで短くすることに


要約すると

エアコン設置収納の天井(ぶち抜くので天井はないが・・・)から
室内空気の混ざった天井懐の空気がエアコン設置収納に入ってくる

中段とエアコン設置収納の扉の間(18センチ位?)を抜けて
めでたくエアコンに吸われる

という感じです



いろいろ考えたのですが
これが一番シンプルで効果が高いかなと思ってこれにしました

ちなみにこの変更のせいで大工のGさんは
せっかく作ったエアコン設置収納の天井をぶち抜き
さらにエアコン設置収納の中段をバラシテ組みなおすという
めんどくさい作業をしなければなりません

打ち合わせの後
大工のGさんに
「すみません」と言ったら

ただニヤッとされていました

本当に迷惑かけます

スポンサーサイト

コメント

Secret

「床下エアコンの家」内を検索する
検索したいキーワードを入れて「検索」をクリック!
プロフィール

SHK

Author:SHK
2009年11月に家を新築
床下に送風するようにエアコンを設置しました
2010年7月には小屋裏にもエアコンを設置

快適な居住空間を目指して日々イロイロやっています

だんだんブログタイトルから脱線している感はありますが・・・
ブログのタイトルかえようかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。